シェルの計算、処理結果を変数へ代入するサンプル

入門UNIXシェルプログラミング―シェルの基礎から学ぶUNIXの世界

入門UNIXシェルプログラミング―シェルの基礎から学ぶUNIXの世界

計算サンプル

#### 演算子と変数の間にはスペースは必要なし
num=1
num=$[$num+1]
echo $num

#### 演算子と変数の間にはスペースは必要
num=3
num=`expr $num + 1` 
echo $num

処理結果を変数へ代入のサンプル

#### ファイルの行数を変数へ
wclresult=`wc -l list.txt | awk '{print $1}'`
echo ${wclresult}

#### 文字列の置換した結果を変数へ
val='abcdefg'
val_henko=`echo ${val}|sed -e s/abc/xyz/g`
echo ${val_henko}

処理進捗を表示するサンプル

count=0
max_count=1832
echo start

for i in `seq 1 ${max_count}`
do
	count=$[count + 1]
	per=`echo "scale=5; (${count}/${max_count}) * 100" | bc`
	echo -e "進捗率:${per}%\r\c"
done

echo ""
echo end